不妊治療/妊活 体外受精リアル体験記

体外受精のリアル⑦ 受精卵の移植までの準備&リラックスタイム

カルテと薬


こんにちは。
44歳、妊活ライフ2年目&体外受精5回目チャレンジャーの花井なっつです。

体外受精(顕微授精)してから1ヶ月と1週間後、受精卵を子宮に戻す移植手術になります。今回はクリニック通院10回目、移植までの準備のお話です。

ダンナくん
クスリで子宮内膜を育てるんだよね

移植までの期間は、私にとっては心身のリラックスタイム。運命の「移植」に向けて、マイペースで準備を進めていきます。

 

とにかくクスリで子宮内膜を厚くしていきます

前回のクリニックで処方された、受精卵を着床させるための秘密兵器… その名は「ビブラマイシン」。
>> 体外受精のリアル⑥ 顕微授精 vs 体外受精のメリットとデメリット

着床不全の原因とされる「慢性子宮内膜炎」の治療に使われる抗生剤。本来は検査をして炎症が発見されたら使用します。

しかし副作用がほとんどないことから・・・

ドクター
検査をせずに先に服用しちゃおう作戦!

ということです。(ドクター、いいのか?

この「ビブラマイシン」を服用すること2週間、クリニック通院10回目がやってきます。病院まずは血液検査でホルモン値チェック。そして、卵胞ホルモンを補充する「プレマリン」を1日3回、3週間分たっぷり処方されます。

子宮内膜が増殖するとともに、体重も増加させてしまうクスリですね。
>> 体重増加で妊娠力がアップ?不妊治療1年間の成果

 

移植=もうすぐ妊娠だ!と思って心身をリラックス

ここから移植手術までの3~4週間はストレスをためず、リラックスしつつ、でも精力的に仕事や家事をがんばる期間にしています。
ハイキングする女性

  • ちょっといいシャンパンを飲む
  • 蒙古タンメン中本で激辛メニューを食べる
  • ガチなタイ古式マッサージに挑む
  • 運動をかねて高尾山へハイキング
  • 家中をていねいに掃除する などなど

なぜかって?

花井なっつ
移植=妊娠する日だと思うから

やりたいことが制限されて、楽しんでいたことがパタッとできなくなりますよね。なので、いまのうちに「ひとり」のカラダと時間を楽しもう!と考えてしまう。

実際に移植してから着床するのは、受精卵の状態によって1~3日後ですが。まぁ、覚悟をきめたいのですw

体外受精でいちばん重要なことは「質のいい卵子」なので、採卵が終わった今、すこしばかりリラックスしてもよいですよね?
リラックスする女性

まとめ

クリニック10回目の診療内容・時間・費用

  • 血液検査でホルモン値チェック
  • 移植準備のためのクスリの処方(21日間)
  • 時間:約2時間
  • 費用:20,230円

-不妊治療/妊活, 体外受精リアル体験記
-,

© 2021 妊活ダンス Powered by AFFINGER5